CMS-Engine

インタークエスト

  1. CMS-Engine
  2.  > CMS導入のメリット

CMS導入のメリット

CMSを導入することで得られるメリットをご説明します。

情報を正しくタイムリーに発信することができるようになります

これまで外部委託先(制作会社)や、デザイナー・コーダーに原稿を渡して、デザインを仕上げてもらい、チェックと修正を繰り返してようやく公開…という作業フローでコンテンツの追加に数日~数週間をかかっていたものが、CMSを導入することで、運用担当者が自分自身でテンプレートに公開したい情報を登録し、CMSの高い表現力を持つページ作成機能で分かりやすいWebページを制作し、公開することができるようになり、お客様にタイムリーに情報発信ができるようになります。

タイムリーな情報発信

Webサイトが見やすく、使いやすくなります

Webサイトの制作時期や制作する人により、サイトのデザインや構成が変わってしまうことで、統一感がなく、分かりにくいサイトになっているものが、CMSを導入することで、予め用意されたデザインテンプレートブロックの組み合わせによるページ制作になるため、更新する時期(タイミング)や人によるブレ(スキルやデザインの好み)の無い、統一感のあるサイト=見やすく、使いやすいサイトを維持することができるようになります。

Webサイトの「制作ガイドライン策定」により、同様の効果を得ることは可能ですが、策定自体に多大な時間と労力が必要になったり、ガイドライン通りの制作物になっているかのチェックが必要になったりするため、ページ数、関わる人、運用期間にもよりますが、CMSによる実現の方が高い費用対効果を得られます。

見やすい使いやすい

サイトの更新・管理作業が効率的になります

HTMLやCSSなどのWeb制作やサイト公開に関する知識がなくてもテンプレートにブロックと言われる要素を組み合わせるだけで、簡単にページが作れるようになるので、誰でも更新担当者になることができます。
(CMSの操作方法の学習は必要になります)
ページ更新や制作作業の履歴が自動的に残るので、複数の人でページ制作を分担する場合に責任の所在が明確になるだけでなく、履歴情報からロールバックしてページを復元することもでき、記載内容を間違えたり、以前のものに戻したいといった場合の更新管理がスムーズになります。
また、承認機能といわれる機能を使うことによって、コンテンツを作成する人や承認する人、Webサイト構造を管理する人など分業が可能なため、担当者の作業負荷を分散できるだけでなく、事前に内容のチェックや誤りの修正等をおこなうことで、確実で効率の良いサイトの更新管理体制を築くことができ、品質の維持もできるようになります。

効率化
このページの先頭へ
ページトップ